私の腰痛歴

独身時代

腰痛を意識したのは、20代半ばです。
当時はひとり暮らしをしていたので、実家へ5時間くらい
電車とバスを乗り継ぎ帰っていたのですが
実家に帰ると、腰が痛いと度々思っていました。
帰る度なので、実家に何かあるのか?(祟りとか)と思っていたのですが
長時間、同じ姿勢で乗り物に乗るというのが良くなかったのでしょう。
それでも、帰省が終われば腰痛もなくなり、何事もなく暮らしていました。

長女出産後

次に腰痛を意識したのは、長女を出産後です。
長女が1歳くらいの頃、夜寝れないくらいの痛さを感じて整形外科へ行きました。
腰痛体操を教えてもらって、痛み止めもらって
しのいでいたら、そのうち治まりました。

次女出産後

次は次女を出産した後です。
常に抱っこをしている状態で、抱っこをする姿勢とかが
良くなかったかと思うのですが
この時は注射で痛みがなくなり、その後もたまに痛いな~
くらいで過ぎていきました。

50代になって

痛い事を常に意識するようになったのは、50代になってからです。
整形外科でレントゲンを撮ってもらったけど
ヘルニアまではなっていないという事で
リハビリへ通いましたが、ストレッチなら
家でやっても良いのでは・・・と、通うのを止めました。

痛くなれば痛み止めを飲み、ストレッチをし、
ユーチューブで骨盤ヨガを見つけてやっていました。
骨盤ヨガは、最初は痛みが無くなり
これは良い!と続けていたのですが
その後、段々と痛みが強くなってきて止めました。
別の整体のYouTubeでは、ヨガの講師の方も
整体に通う人が多いとか言われてましたけど、どうなんでしょう。
やっぱり無理な体勢は良くないんでしょうかね。

なんでだろ~なんでだろ~どうしたらいいんだろ~
と思う日々でした。