AKA-博多法で、腰痛改善

AKA-博多法との出会い

調べたところ、腰骨の下にある仙骨と骨盤との関節(仙腸関節)が
うまく動作しない場合に痛みが発生する事があるようです。
その仙腸関節機能を良くして腰痛を改善する手法に
AKA-博多法というのがあるようです。
私のように、左右の腰が交互に痛くなり場所が定まらないのも
仙腸関節障害の特徴のようです。

それを行える整形外科が県内に数件あるようですが
家から自転車で行ける所にもあったので、通うようになりました。
平日は時間の関係で行けないため
土曜日の予約が取れたのは1ヶ月後でした。

初回診察時にレントゲンを撮ったところ
仙腸関節の隙間が左側はあるのに、右側はまったくありません。
その時は右側が痛かったので、隙間の無い関節を
無理に動かしていて痛くなっていたのでしょう。(私の推測)

整体は、5分くらい腰を左側から、右側からと
軽く動かすだけで、え?これでいいの?という感じです。
その後、注意事項を聞いたのですが
腰痛のストレッチは無駄なので一切止めてください。だそうです。
そして、低い椅子に座る事もよくなくて
風呂椅子も高いものに代えてくださいとの事でした。
その他、緑茶やコーヒーなど冷える飲み物はダメ
床に座ったりあぐらをかくこともダメです。
体を温めて関節にも良い、漢方薬(桂枝加朮附湯)を
朝晩飲む事になりました。 

保険がきかない病院もあるみたいだけど
私が行ったところ保険診療でした。

風呂椅子を代え、リクライニングチェアに座るのを止め
緑茶も止めましたが、コーヒーだけは止めれません。
これだけは許してちょーだいです。

通院4ヵ月め

1ヶ月おきに整体へ行って、しばらくするとまた痛くなるを繰り返していました。
年末にフローリングの床を拭いてワックスがけするなど
無理な体勢をしたためか痛みが増して
処方してもらっていた痛み止めを飲む事が何度かありました。

4ヵ月目の通院時はとても痛くなっていたのですが
整体後直ぐに痛みが治まり、その後は維持しています。
痛くなるのが怖くて、椅子で正座したり足を投げ出したりの
姿勢を止めた事も関係していると思います。
このまま関節の位置を動かしてはならない・・・そんな思いです。
 
関節は何かの拍子でゆがむだろうし
この先も、痛くなれば病院へ行くと思いますが
原因がわかって、自分で気を付ける事ができて良かったと思っています。
関節が原因なら、無駄に太ももを伸ばしたり
腰を回したりのストレッチも無駄だったろうと思います。
足腰の運動ができないのは、それはそれで良いのか?
と思うのですが、それはまた聞いてみたいと思います。
 
多くの腰痛は、この関節からくる痛みのようなので、
原因がわからない腰痛の人は一度調べてもらってもよいかもしれませんね。