多様性、こういうところでも

夫と一緒に観に行く映画は、共通して好きな外国アクションものが多いです。
時代劇系なら夫だけ、恋愛ものは私ひとりで行きます。
昨日は「エターナルズ」を観に行ってきました。
「アベンジャーズ」が好きでシリーズを観てきましたが、それに続く映画です。

ややこしいです。
現在と紀元前500年くらいの出来事を、行ったり来たり。
おばちゃん、ついて行くのが大変です。

この映画には、今までと違う要素というか、今どきのものを感じました。
地球を救うエターナルズの一人は、聴覚障がいの設定で手話を使っています。
実際の女優さんも聴覚障がいがある方のようです。
これまでヒーローが手話を使うという事はなかったと思います。
そして、ヒーローのひとりが、地球で生活を共にしていた相手がゲイ。
お互い愛し合っていたようです。
いろいろ多様性のメッセージを込めているのかなと思います。

最後がどうしても理解できなかったのだけど、続編があるのかなという感じです。
でも、ターミネーターで思ったのだけど、SFものは続編を続けると、設定が訳分からなくなってしまいますね。
元々矛盾だらけなのだけど、更にその上をいく矛盾というか。
何も考えずに、単純に楽しむのが一番なのだと思います。

昨日のごはん

朝:昨夜の鶏塩なべの残りで雑炊

昼:ローストビーフ丼(小盛り)
映画を観た後にフードコートで。

夜:鯖の塩焼き
  春雨と白菜とツナのサラダ
  豆腐と白菜と水菜の味噌汁

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読んでいただいてありがとうございます。
クリックしていただけたら、うれしいです!

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
ひとりごと
今日のごはん

こちらのテーマにも、時々参加しています。