長寿体質と休肝日

私はほぼ毎晩ハイボールを飲みます。
1杯だけでアルコール量は60mlくらいなので、1日の適量と思います。
でも1週間に1日くらいは休肝日を取らないといけないかなと思い、昨日は飲んでません。
しかし、休肝日は本当に必要なのかと思う事があります。

私の実父は、93歳ですが毎晩晩酌をしています。
冬は焼酎のお湯割りが多いようで、コップの半分に焼酎を入れてお湯を注いでいるようです。
日本酒の場合は、2合くらいは飲んでると思います。
以前、休肝日をもうけなくて良いか聞いた事があるのですが
「休肝日?そんなもんはない」と即答されました。

ボケておらず、実母に代わって食事作りをしていて体力もあります。
(最近は危ういと思う)
病気もこれと言ってした事がないようなので、元々内臓が丈夫なのだと思います。

サイトを調べたら、休肝日はアルコールの摂取量を調整するためのようです。
適量を越えたら休肝日で調整する方が良いようなので、私のような場合は特に設ける必要はないんじゃない?と思ってます。
肝臓はアルコールだけではなくて、食べ過ぎによっても負担がかかるようです。
必要なカロリーを越えた分は肝臓が処理するようなので、飲まなくても食べ過ぎたらダメですね。

という事で、本人の体質により休肝日をとらなくても大酒飲むわけでなければ影響はない。
って事かと思います。

最近つくづく思うのですが、長生きするかどうかは持って生まれた体質だなと。
長生きが辛い事になったりする世の中なので、それが良いかはわからないところが悲しいですね。

昨日のごはん

朝:玄米フレーク
  柿
  豆乳

昼:唐揚げとカレーコロッケ(冷食)
  マカロニサラダ
  ブロッコリー
  ハムエッグ

夜:ヤンニョムチキン(むね肉で)
  マカロニサラダ
サラダを朝作ったので楽々です。
マカロニサラダのマカロニは間違って買ったグラタン用。
残ったマカロニでヤンニョムチキンと一緒に炒めたらよく合いました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読んでいただいてありがとうございます。
クリックしていただけたら、うれしいです!

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
ひとりごと
今日のごはん

こちらのテーマにも、時々参加しています。